結婚相手や恋人などのパートナーに、自分の不満や自分の意見を言わないタイプの人もいるだろうし、自分の考えをハッキリと話す人もいる。
どちらが良いのかは個人差があるだろうが、自分の思いや考えを伝えることは人間関係において大事なことだと思う。
男女が恋愛をしている時に、「こんなことを話たら嫌われるんじゃないか」とか「相手に対する不満を言うのは良くないことだ」と感じてしまい我慢するタイプも少なくないだろう。
けれども我慢をするという行為は、相手か自分のどちらかにわだかまりの気持ちが残ってしまうことになる。
最初は小さかった不満が、徐々に蓄積してしまって大爆発になり大げんかをしてしまうリスクもあるのだ。
相手に文句を言わないのは我慢しているだけで、不満がないと思い込ましているだかなのだ。
もしも少し罪悪感のある行為をしたとしても、何もいわなければ大丈夫だと感じることになり、相手は「ここまでしても大丈夫なんだ」という基準を持ってしまう。
例えばあなたとデートしている途中に友達からの飲みの誘いがあったとしよう。
男性がそちらを優先してでかけてしまう――よくあることかもしれません。
そういったシーンの時に罪悪感はあっても「文句を言わないのだから大丈夫」だと男性は甘い判断をする。
女性も我慢をしているから不満があっても口にしない。
こういったことが重なるといずれは関係が破綻するだろう。
我慢するのはこういった結果になる可能性があるから、口に出して解決する方法をおすすめしたい。

関連記事

    None Found